ゆず王国について1 素材を厳選。

ゆず王国について1 素材を厳選。

実生ゆずの郷土料理

フードアクション
ニッポン アワード2014

北川村産ゆずは、「玉の大きさ・品質・香り」が
市場での評価が高いのです。

北川村は、作付面積100ヘクタール以上のゆず名産地です。
1つの理由として、北川村は年間雨量(2000mm~3000mm)が多く、乾燥地に弱いゆずを生産するにはもっとも適した土地と言えます。 そのためゆず玉も大きく育ち、その中に油分や香り成分をぎゅ~っと溜め込みます。
その理由で果皮も香り良く、毎年11月頃に収穫時期を迎えます。

北川村ゆず農家
浜氏 章彦さん

北川村ゆず王国自社農園について

ゆず王国では、自社農園にも力を入れております。「自分達が扱うゆずを自社農園でも栽培したい」。そんな生産へのこだわりから接木ゆず栽培を始めました。収穫までに年数のかかるゆずですが、接木栽培をすれば期間を大幅に短縮することができます。また、その特性から樹の高さを低く抑えることも可能で、農園のゆずを美しく、香り高く、より良い品質で栽培することができます。

この地で古くからゆず栽培を手がけてきた証「実生(みしょう)ゆず」

希少価値の高い「実生(みしょう)ゆず」は北川村に比較的多く植わっています。ゆずの種から芽が出て、そのまま成長したのが「実生ゆず」です。ゆずの魅力の一つである香りに関して言えば、こちらの方がより強いと言えます。ただし、栽培管理が難しくここ約20年以上新稙されておりません。

TOPへ